シニア夫婦

初心者でも安心の不動産投資信託~優良物件をゲット~

安定収益の基盤となります

住宅とクレジットカード

上場不動産投資信託に投資をするのも良いですが、上場不動産投資信託を運営している運営会社もしくはそのグループ会社に投資をすることもお勧めです。なぜならば運営会社は運用報酬という安定した収益を確保しているからです。

Read More...

ズルズルと下がりません

レディー

市況が悪化しても、上場不動産投資信託の投資口価格はズルズルと下がることはありません。なぜならば、分配金が安定しているからです。また、保有資産のほとんどが不動産であるということも投資口価格を下支えする要因となります。

Read More...

恩恵を間接的に享受しよう

貯金箱

好調は今後も続きます

上場不動産投資信託の分配金の増配が相次いでいます。それだけ不動産市況が回復してきているということです。長いデフレーションの時期を終え、インフレーションの気配が見え始めてきました。都市部のオフィスビルは契約更新で家賃の値上げをすることができるようになってきました。新築のファミリータイプマンションは価格がじわじわと上昇してきており、中古のファミリータイプマンションも、その影響を受けて価格が上昇しています。ホテル業界では海外旅行客の増加を受けて宿泊代金を強気に設定しています。それでも、稼働率は90%を超える日が続いています。このような不動産市況の好調ぶりは、これからもしばらくは続いていくと予想されています。

見極めは難しいです

これから不動産投資を始めるのであれば、中古ワンルームマンションや1棟アパートよりも上場不動産投資信託を買っていくと良いです。なぜならば、不動産市況好調の恩恵を間接的に受けられるほか、これから先は優良物件の見極めが難しくなってくるからです。実際に、上場不動産投資信託は一時期よりも物件の取得を積極的に行っていません。増資を行う銘柄も減ってきました。それだけ優良物件の情報が少なくなっているのです。個人が優良物件を手にするには相当の努力を必要としますが、上場不動産投資信託に投資をしていれば、運用会社がパイプラインなどを活かして取得した優良物件の恩恵を享受することができます。1口数万円から数十万円で投資をすることができるので、複数の銘柄を少しずつ買っていくと良いです。

安定性と換金性が魅力です

電卓と家

上場不動産投資信託は個人投資家ばかりでなく、銀行や生命保険会社などの機関投資家にも人気があります。実物不動産とは異なり、煩わしい手続きなく、売買することができる上に2%から5%程度の利回りを確保できます。

Read More...

Copyright © 2016 初心者でも安心の不動産投資信託~優良物件をゲット~ All Rights Reserved.