電卓と家の模型を持つ女性

初心者でも安心の不動産投資信託~優良物件をゲット~

安定性と換金性が魅力です

電卓と家

5%超の場合もあります

上場不動産投資信託の人気が高まっています。安定した分配金収入といつでも換金できるという手軽さが人気の理由です。上場不動産投資信託は50以上の銘柄が上場されていますが、その平均分配金利回りは4%前後となっています。分配金利回りの低いものは2%半ばくらいですが、高いものとなると5%を超えます。上場不動産投資信託は元本の変動がありますが、定期預金や国債の利回りに比べるとかなり高い水準です。この高い分配金利回りが持続的であるということも、上場不動産投資信託が登場してから10年以上経つという実績が証明しています。個人投資家だけでなく、機関投資家も上場不動産投資信託を購入しており、幅広い層に支持を受けています。

急落が狙い目です

株式市場で売買できるという手軽さは、中古ワンルームマンションや1棟アパートのような実物不動産にはありません。この点が不動産投資と上場不動産投資信託の似て非なる部分と言えます。証券会社にオンライン口座を開設していれば、クリックだけで投資ができ、駅前のオフィスビルや湾岸エリアの人気ファミリーマンションの恩恵を享受することができるのです。株式市場に上場されているため、しばしば不動産市況とは異なる動きをする時は買い時です。定期的に少しずつ購入しながら、株式相場が急落した際に、下値を拾っていくとよいです。株式市場が荒れても分配金に大きな影響が出るわけではないので、投資口価格の急落は絶好の買い時と言えます。

Copyright © 2016 初心者でも安心の不動産投資信託~優良物件をゲット~ All Rights Reserved.